講師の紹介

ピアノ講師

中沢京子    

大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業

永年にわたり大阪各地でピアノ講師を務める。演奏活動ではピアノ伴奏者としてオペラ歌手や管弦楽団と共演するなど多数の舞台に出演。又、ピアノの連弾やバイオリン、日本歌曲、イタリア歌曲、コーラス等、様々なジャンルの曲でも伴奏。レッスンではまずピアノを弾く前に音楽(音)を聴いたり、歌を唄ったりして楽しみながらピアノを弾く準備を整えます。初心者の方は最初は音符カード等で音符を読むところから始めます。そして打楽器等でリズム感をつける練習やピアノの音を聴いて音感をつけていきます。これら一つ一つのことができてくるとしっかりとしたピアノ演奏ができるようになります。これまでのレッスンアイデアで楽しくスキルアップして目標の「あの曲」・・・・が弾けるようにご指導致します。

 

 

                                                   

 

 

田中志帆

同志社女子大学学芸学部音楽学科ピアノ専攻卒業

幼少期よりピティナピアノコンペティション等、様々なコンクールに出場。大学ではクラシックを学びつつも、同志社大学にピアニストとして所属し、2014年山野ビッグバンドジャズコンテストにて全国第2位を受賞。自身のピアノトリオのバンドにて、金沢ジャズストリートにおけるコンペティションファイナリストに選出。ブライダルでのオルガニスト、朗読劇でのピアノ演奏、三木楽器開成館サロン主催のリサイタルへの出演など、クラシック・ジャズ・フュージョン・ポップス等ジャンルを問わず、様々なシーンでのピアノプレイヤーとして活動。 これまでに岡原慎也、芹澤圭司、木下千代、服部久美子、河江優の各氏に師事。初心者の方も,過去に習っていてもう1度初めたいという方も、楽しいレッスンの中で確実に上達出来るようにご指導致します!

 

 

                     

 

                      

 

 

光井誠人 

パリ国立高等音楽院バレエ伴奏科学士課程修了

1988年大阪市内に生まれる。4歳よりピアノを始める。6歳でヤマハ音楽院なんばセンターのジュニア専門コースに入り、ピアノ・作曲・合奏・即興演奏・初見・移調奏・ソルフェージュ等、総合的な音楽知識を身につける。ヤマハ音楽能力検定試験(演奏・指導グレード)3級取得。2004年、東京渋谷のオーチャードホールにて開催された第32回インターナショナルジュニアオリジナルコンサートにて自作のPiano Trioを当時のNHK交響楽団首席チェロ奏者 藤森亮一氏、ヴァイオリニスト 吉原葉子氏と共演。2005年、同ホールで開催されたヤマハガラコンサートにて自作のピアノ協奏曲を、小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー管弦楽団と共演し、好評を博す。

2007年9月よりフランス・パリに留学し、エコールノルマル音楽院に入学。フランス・クリダ女史に3年間師事

2009年6月より3年間パリ地方立音楽院に在籍し、ピアノをビリー・エイディー氏に、器楽・声楽伴奏法をアリアンヌ・ジャコブ、フィリップ・ピロス各氏に師事。2012年2月、第10回オルレアン国際現代音楽ピアノコンクールセミファイナル出場。同年6月、フランス政府公認音楽国家資格(Diplome d` Etude Musicale)を審査員満場一致にて取得。2012年9月よりパリ国立高等音楽院(CNSM de Paris)に新設されたバレエ伴奏科に3年間在籍し、クラシックバレエ及びコンテンポラリーバレエレッスンに於けるピアノ伴奏法を学ぶ。2015年6月、学士課程修了。2012年10月より5年間、パリ市立及びパリ近郊パンタン市立音楽院クラシックバレエクラスの公式伴奏員を5年間勤め、現在に至る。ピアノは初めてという方、楽譜が読めない方、憧れのあの曲が弾きたい方など、それぞれの要望に合ったレッスンを提供したいと思います。 

 

                   

 

                   

 

 

岡田菜々子

京都市立芸術大学大学院修士課程音楽学専攻修了

3歳よりピアノを始める。都道府県主催の学生音楽コンクール、日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディションなど、多数のコンクールに出場。広島大学教育学部音楽文化系コース在学時には、ソロ演奏に加え、器楽や声楽、合唱の伴奏も多く務める。同大学卒業演奏会フレッシュコンサート出演。京都市立芸術大学大学院では、民族音楽や伝統音楽に親しみながら、幅広く音楽文化への知見を深めた。修士号(音楽)取得。ピアノは触れるだけで音の出る楽器です。スタートラインは皆同じ。そこからどのようにあなただけの「音楽」を創っていくかーー基礎をしっかり、まずは1曲完成させたい、もっと美しく弾きたいなど、お一人お一人のご希望・個性に合わせたレッスンをご提案します。ピアノを生涯の友としていただけるよう、さまざまな音楽の小話(?)を交えつつ、一緒に楽しく進めていきたいと思っています。

 

                     

 

                     

 

 

田中実乃梨

大阪芸術大学演奏学科ポピュラー音楽コースピアノ専攻卒業

2歳よりエレクトーンをはじめ、6歳でクラシックピアノを始める。幼少の頃からコンクールやピティナコンペティションなどに多数出演。YAMAHAエレクトーンフェスティバル、MUSIC FESTA地区大会出場や、奨励賞などの数々の賞を受賞。大阪芸術大学演奏学科ポピュラー音楽コースピアノ専攻卒業。ピアノを近秀樹氏、キーボードを渡辺邦孝氏に師事。Pops,Jazz,funk,R&B,fusion,Latinなど、様々なジャンルを在学中から学び、BIGBANDやミュージカルのバックバンド、デュオ、コンボなどで幅広く演奏を行なってきた。卒業後もjazzやfunkなどのジャンルを中心にLIVE HOUSEやイベントなどで演奏活動の他、レストランやbarなどでも演奏を行なっている。レッスンでは「生徒さん1人ひとりのご要望を聞きながら、それぞれの目標に向かって一緒に音楽を楽しんでいけたらと思います!」

 

 

 

 

渡邉のどか

大阪音楽大学音楽専攻科器楽専攻修了

7歳ピアノを始める。大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業。大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。卒業後ソロ演奏に加え、演奏会企画や伴奏法、2台ピアノアンサンブル・管楽器アンサンブルなどより実技的なカリキュラムでピアノの演奏技術を上げるため大阪音楽大学音楽専攻科器楽専攻へ進学し、修了。これまでに日根野谷眞里子、星賀規子に師事。大阪音楽大学2018年度卒業演奏会出演。2019年、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とプーランク2台のための協奏曲ニ短調で共演。その他ラブリーホール新人演奏会、堺シティーオペラフレッシュコンサートなどに出演。ピアノ指導の傍ら、演奏活動を行っている。レッスンでは年齢や経験の有無を問わず、基礎的なテクニックや表現力を、生徒さんそれぞれのペースに沿って、楽しみながら身につくレッスンを心がけております。「楽譜が読めない」「両手で弾くのは難しそうう,,,」など、初心者の方には少しハードルがあるかもしれません。そんな方でも音符や楽譜の読み方、リズムの取り方、手の使い方など一から段階を経て上達していくことができるようなレッスンをご提案します。「ピアノは未経験だけど、この曲をピアノで弾けるようになりたい!」「昔のようにもう一度ピアノを習ってみたい!」など、習うきっかけは人それぞれです。弾けた!という喜びを大切に、一緒に音楽を楽しみましょう♪

 

 声楽講師

瀬尾みどり

大阪芸術大学大学院声楽コース修了

小学4年生の時に少年少女合唱団に入団して歌を始める。合唱団の定期演奏会でミュージカルに出会う。観劇した劇団四季に魅了されミュージカルに関心を持つ。高校生から本格的に声楽を学び始める。歌の基礎をしっかりと学ぶ為、大阪芸術大学声楽コースに進学。そこでオペラと出会いクラシックの世界を目指す。夏季にはイタリアのジェノヴァで声楽の指導を受ける。ルイザ・マラリアーノに師事。クラシックを極める為、同大学院の声楽コースに進学。各地のコンクールにも積極的に参加。第12回大阪国際コンクール声楽の部ではアブニール賞を受賞、第40回長崎県新人演奏会では優秀賞を受賞、第50回なにわ芸術祭新進音楽家競演会声楽の部では新人奨励賞を受賞。レッスンでは生徒さん自信が持っている本来の声を引き出し、自由にのびやかに歌える声作りや豊かな表現力を身に付けていきます。

 

                   

 

 

松岡伶奈

イタリア国立ミラノヴェルディ音楽院ビエンニオ課程声楽専攻修了

5歳よりヴァイオリンを始め、13歳より声楽を学ぶ。相愛大学音楽学部音楽学科声楽専攻に進学。在学中、ノヴァーラ・G・カンテッリ音楽院夏期講習、ミラノ・G・ヴェルディ音楽院夏期講習に参加しディプロマ取得。相愛オペラ「フィガロの結婚」コンテッサ役で出演。学部卒業時に同大学いずみホールでの卒業演奏会、第55回関西新人演奏会に出演。卒業後イタリア・ミラノへ留学し、イタリア・ミラノ国立G.ヴェルディ音楽院声楽科を修了。レオネ・マジェーラ、R・デリージ、N・L・トダレッロ各氏によるマスタークラスにてディプロマ取得。同マスタークラス修了演奏会に選抜され出演。現在は関西を中心に演奏会やコンクール出場等精力的な活動をしている。私は大学卒業後すぐイタリアに渡り4年間、ドニゼッティやプッチーニを中心にイタリアオペラを学びました。レッスンでは、私がイタリアで学んできた発声や表現をお伝えするだけでなく、海外での日常での経験のお話なども交えながら、皆さまが楽しんでレッスンに通える、歌えると言うことを第一に、一人ひとりの声や希望に合わせたレッスンをしていきたいと思っています。

 

                   

 

 

 トロンボーン講師

 森祐介

 相愛大学音楽学部卒業

1994年生まれ 。3歳からピアノ、15歳でトロンボーンを始める。2014年にトロンボーンで相愛大学音楽学部に進学。第27回日本クラシックコンクール全国大会入選。これまでにトロンボーンを上村和義、岡本哲、小西元司の各氏に師事。在学中はクラシック音楽の他に、スタンダードジャズなどのポップスまで広いジャンルの曲を勉強。現在は音楽講師、施設への訪問演奏、音楽バーやパーティーでのBGM演奏などソロを中心に活動中。トロンボーンは吹奏楽では存在感があってカッコイイ印象が強いと思いますが、声で歌うようにやわらかく自由な表現ができる楽器です 。初心者の方、現在吹奏楽部で日々練習、活動をしている方、過去にトロンボーンをされていたなど  、ひとりひとりの目標・レベルに合わせて楽しくレッスンを致します。是非一度体験レッスンにお越し下さい。